祖堅方範

祖堅方範(Hohan Soken)は1891年(明治24年)、沖縄県西原村我謝(現・西原町字我謝)に生まれる。祖堅の母であるカミーは首里手の大家・松村宗棍の孫娘に当たり、その兄に「松村虎寿(通称:松村ナビィー翁)」がいた。祖堅は十二歳の頃、叔父御である松村ナビィー翁に弟子入りし、1918年(大正7年)まで首里手の修得に励んだ。松村ナビィー翁は古武道に精通していなかったことから、祖堅は、西原の伊保の浜に住む「米須ウシ翁」なる人物の下で琉球古武術を学んだ。

米須翁は「津堅親方盛則」の流れを汲む「津堅マンタカ」の弟子で、高名な武術家であった。祖堅は米須翁より多くの古武術の型を伝授された。祖堅は皆伝となった後も古式に倣い、しばらく弟子をとらずにいた。

大正13年、那覇の大正劇場で行われた演武会に出場し、鎌の手を演武した。演武会に出場した中には、本部朝勇、喜屋武朝徳などもいた。

それから祖堅は1924年にアルゼンチンに移住する。その後、長い間アルゼンチンで生活することとなった為、結局日本国内には祖堅の弟子は皆無であった。

1952年、祖堅は沖縄に帰郷するが空手があまりに競技化、スポーツ化しているのを愕然とした。沖縄伝統の武術空手が姿を消してしまうことを危惧した祖堅は、門戸を開き、彼の受け継いだ首里手・古武術を広く普及させる決意を固めた。当初「松村首里手」を名乗っていたが、1956年に「少林流松村正統」と改め、古伝の首里手・古武術の正しい継承に努めた。

略 歴

1903年 松村ナビィー翁(1860 – 1930)に師事

1924年 唐手演武大会に本部朝勇、喜屋武朝徳らと演武を行う。

1956年 流派名を『少林流松村正統』と命名する。

1959年 第1回古武術演武大会にて演武を行う。

1961年 沖縄古武道協会発足に参画。第一回沖縄古武道発表大会に出演し、演武する。

1982年 11月30日、死去。享年91歳。