楽天ポイントカード r10.to/rpointcard/ http //r10.t/rpointcard/ http://r10.to/rpointcard こちらから | 夢を叶える日常生活

楽天ポイントカード r10.to/rpointcard/ http //r10.t/rpointcard/ http://r10.to/rpointcard こちらから

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク

 

r10.to/rpointcard/で検索をかけると

楽天のポイントカードのサイトが出てくる。

 

楽天カードは、テレビでもCMが

バンバン流れているので認知度はかなり高く、

使っている人も多いはずだ。

 

楽天ポイントカードは、

単体でもポイントが付くのに加え、

 

楽天のクレジットカードとの併用で更に

ポイントが加算されるので、

CMのセリフ同様にザクザクポイントが貯まる。

 

この記事では、楽天ポイントカードに

興味のある人に向けて利用方法や仕組み、

魅力などについて解説する。

 

 

スポンサーリンク

楽天ポイントカードの利用登録やアプリのダウンロード r10.to/rpointcard/ http //r10.t/rpointcard/

 

ひとまず楽天ポイントカードについて知りたいなら、

r10.to/rpointcard/やhttp//r10.t/rpointcard/で

検索すると関連サイトがズラッと並ぶ。

 

ここでは登録や利用方法以外にも

楽天ポイントカードの仕組みやメリット、

Q&Aなどの情報を知ることができるので、

 

まだ作るつもりはないという人も

興味があればアクセスしてみるといいだろう。

 

 

続いて楽天ポイントカードの利用登録だが、

従来のカードでももちろん可能だが、

スマホアプリでもOK.

 

楽天ポイントカードのアプリを

スマホにインストールすれば、

リアルなカードを持たなくても利用できるのと、

 

今すぐ使いたい場合は

カードを手に入れる必要も無く、

 

煩わしいカードの管理もしなくて済むので

メリットが大きい。

 

 

また、すでにカードを持っている人も

スマホアプリに切り替えて引継ぎができるので、

今からアプリに変えたい場合でも損はしない。

 

アプリはiPhone版とAndroid版があり、

持っているスマホによって

 

AppStoreもしくは

GooglePlayでダウンロードしよう。

 

楽天ポイントはクレジットカードの利用もあわせると

本当にポイントが貯まるのが早い。

 

また、ポイント対象、ポイントを使えるお店が多いのが

特徴であり最大のメリットだ。

 

クレジットカードで1%、楽天ポイントカードで0.5%、

あわせて1.5%程度がお得になり、

 

楽天市場や実店舗で普通にポイントが使えるおかげで、

体感としてはキャッシュバックに近いのが嬉しい。

 

 

楽天ポイントカードを始めよう  http://r10.to/rpointcard   http //r10.t/rpointcard/ 登録の仕方

ダイエーのハートポイントカードは今月末をもってポイント付与を終了し、イオンの新サービス「WAON POINT カード」に引き継がれる。私が現在使っているカードは、ダイエー志木店で発行したもの。志木店は2013年に閉店し、現存しない。

 

楽天ポイントカードの登録は、

アプリならダウンロードした後、

必要情報を入力するだけで完了する。

 

カードで登録する場合は

アプリのダウンロードは必要ないが、

 

実店舗でカードを手に入れる必要があり、

その後Webサイトで必要情報を入力する。

 

カードの管理が煩わしいならアプリの方がおすすめだが、

カードはデザインがいくつかあるので

敢えてカードを持つのも楽しい。

 

 

カードのデザインは、

r10.to/rpointcard/やhttp://r10.to/rpointcardで

 

検索すると関連サイトに出てくるので

気になる人はチェックしてみてほしい。

 

ちなみにカードデザインは利用店舗ごとの違いのほか、

楽天Edy機能付き、

クレジット機能付きによっても違うので、

 

どうしてもほしいデザインがあれば

他のサービスへの登録も必要になる。

 

 

楽天ポイントカードの始め方は簡単で、

登録さえしてしまえば、

 

貯めるときも使うときもカードの場合は

支払い前にそのまま提示すればOK、

スマホの場合はアプリのバーコードを提示する。

 

注意点として楽天ポイントカードは、

登録、利用が簡単な分、

失くした場合に使われてしまうリスクもある。

 

ただのポイントとはいえ、

ほとんど現金と同じくらいに使える場面が多いので、

失くした場合はすぐに一時停止するなどの対応をしたい。

 

更にクレジットカードと違い、

ポイントの補償はしてくれないので覚えておこう。

 

 

まとめ

楽天グループデー2014_002

 

楽天ポイントカードについて紹介した。

 

楽天ポイントカードは

クレジットカードと違って登録も早く、

ポイント付与と利用できる機会も多い。

 

 

クレジットカードまで作るつもりはなくても、

楽天ポイントカードだけでも登録、

利用するとかなりお得になるので、

 

もし現在持っていないなら

是非作ってみることをおすすめする。

 

amazon利用者にはおなじみの
日常
スポンサーリンク
dailan530をフォローする
夢を叶える日常生活
タイトルとURLをコピーしました