首里手の少林流松村正統

沖縄が琉球と呼ばれていた頃、徒手空拳として存在していた武術「手(ティー・Tee)」。それが時代を経て空手(沖縄手)と呼ばれ、沖縄文化として世界中に知れ渡るようになりました。

小さな島で生まれた沖縄空手がこうも世界中に広がったのは、空手そのものがシンプルで美しく、そして武術としての強さや沖縄独特の哲学等に人を惹きつける魅力があるのだと思います。

そんな沖縄空手を少林流松村正統錬成館では正しく伝授していきたいと思い、サイトを起ち上げ発信していくことに致しました。

申し遅れました、少林流松村正統錬成館の道場主をしております下地清隆と申します。

これまで少林流松村正統は、古伝の首里手として、そして松村宗棍の直系というスタンスで沖縄空手を伝えてきました。国内はおろか、海外にまで知る人ぞ知る空手として独自の系統で活動を行っております。

そんな少林流松村正統ですが、僕らがもっとも大切にしていることがあります。それは、

真の強さを探求すること

です。

ここでいう真の強さとは、一般的にいう空手家の強さのことをいっているのではありません。もちろん、いち空手家としては、そのような強さも大事なのですが、僕らが目指すべき道は少し違います。

空手や武術、格闘技となるとどうしても実戦で強いとか強くないとか、技が使えるとか使えないとか、試合で勝ったとか、系統が誰々のものとか、○○先生が凄いとか、ということ「だけ」に着眼点がおかれがちですが。残念ながら、そのような着眼点ではいろんな意味で盲目的になってしまいます。

盲目的な見方は可能性を閉じることとなり、ヘタな神秘性や虚像によって左右されてしまいます。それでは真の強さを得ることはできませんし、沖縄空手の目指すべき所でもありません。

戈を止める(暴力を止めるという意味)と書いて「武」といいますが。その戈を止めるのは何も身体的な強さだけに限らないからです。もちろん、そんな強さも武道として重視しておりますが、少林流松村正統錬成館ではもうひとつ上のステージを目指しているのです。

もし、僕らが目指すステージに興味があるなら、ぜひ、少林流松村正統錬成館の門を叩いてみてください。そして、一緒になって真の強さを探究していましょう。